制作のおさらい

サーバーメモ

2019-01-04

不便だと感じた点のみメモ

ホームページビルダーサーバー

1サーバー(月1500円~)につき1ドメインのみ
データベースに直接ログインできての操作ができない
FTPサーバー上で直接フォルダを作ったり出来ない領域がある

NTTサーバー

データベースを自分でインストールできない(電話などで作成依頼しなければならない)

さくらサーバー

ドメインとフォルダの指定設定
メールアドレスの作成

お名前.com

ドメインとフォルダの設定(例えばHPリニューアルで別フォルダで準備して、完成時にドメイン指定を新フォルダに指定変更出来ない)

レンタルサーバーについて

2018-12-26

ホームページを作るには、家を建てる土地(サーバー)と住所(ドメイン)が必要です。
そこで!
どこのサーバーをレンタルしようか・・・・となったときに、私は「ロリポップ」「ヘテムル」をお勧めします。

お客様が昔からレンタルしているということで
NTTサーバーや、さくらサーバー、エックスサーバー、お名前.comサーバー、ホームページビルダーサーバー、などなど
いろいろ操作させていただきましたが、ロリポップ、および同じ系列のヘテムルが一番便利でした。

サーバーによっていろいろ仕様が違うのですが
以外のサーバーで私が不便に感じたのは
・ドメインを取得しないと、URLがないサーバー(通常はドメインを取得しなくても、レンタルサーバー用意のサブドメインなどがあります)
・FTPサーバー上で自由にフォルダの作れないサーバー(コントロール画面からドメイン指定で作ったフォルダしか扱えない)
・フォルダを作ってドメイン指定&変更ができない(HPをリニューアルするときに、ドメインが1つのフォルダに特定されていると、リニューアルするときにそのフォルダしか使えないため不便)
・ドメインを取得すれば、通常はメールアドレスも好きなように作れるのだが、それができないサーバー
・データーベースを使用するには、メールもしくは電話して作ってもらって、そのパスワードを教えてもらわなければならないサーバー(自由にデータベースを使えない;)
などです。

どことは名前は書きませんが・・・・;

自由に作成できて、ストレスが全くかからないのが「ロリポップ」「ヘテムル」でした。

ちなみに「ロリポップ」「ヘテムル」の違いは、
ロリポップはホームページ1つか2つの方向け。
何個も作ったり、会社経営でホームページを作成するサービスをされているところなどは大容量のヘテムル、
といった感じでしょうか。

ロリポップ

■お客さまで ご利用になる方が多いのはロリポップです。ロリポップもヘテムルも同じ会社系列ですが、
ロリポップは年間3000円(税抜)~ほどなので 人気があります。

ブログタイプのWordPressHPを動かすにはデータベースが必要なためライトプラン・スタンダード・エンタープライズのいづれかであれば大丈夫です。(以前はライトプランを勧めていたのですが、処理能力でいくとスタンダードがお勧めという方もいらっしゃいます。)

ヘテムルサーバー

■ちなみに、私が借りているサーバーはヘテムルサーバーです。
年間18000円ですが、容量は256Gで ドメイン無制限 FTP50個設定などお得満載なので使用しています。

SEO対策

2018-12-15

無料

①グーグルのウェブマスターツールに登録

WordPressで作成したホームページの場合、
・「Google XML Sitemaps」プラグインを有効化して グーグルのウェブマスターツールにて サイトマップを登録
・「PS Auto Sitemap」 WordPressで綺麗なサイトマップを自動生成してくれるプラグイン

②マイビジネスに登録

https://support.google.com/business/answer/3038063?hl=ja

③クロール申請

https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url

最後になったけれど

ホームページのHTMLに記載の「metaタグ」や「h1」のタグなど、構成におけるマークアップなどは基礎的基礎ってことで、省略。

有料

急ぎの場合

グーグルアドワーズ 成果に基づくお支払い

https://www.google.co.jp/adwords/

htaccessがFTPで見えないとき

2018-12-15

オプションなどの環境設定>表示などで
書くし属性のファイル・フォルダを表示させる
の項目をチェックする
htaccessがFTPで見えないとき

« Older Entries

PAGE TOP