SEOと検索

検索結果について

2018-11-20

検索結果は人によって違う。人それぞれ。

仮に、希望するキーワードで検索結果が1位でも、アクセス数が伸びるわけではない。
そのためキーワードは幅広く狙うのが基本になってきている。

パーソナライズ検索
ユーザーの興味や関心があることに合わせて検索結果をGoogleがカスタマイズしている。

シークレットモードで検索してみよう

パーソナライズされてない状態で検索してみる。

IE Control+Shift+P
Google chorome Control+Shift+N
Fire Fox Control+Shift+P
opera Control+Shift+N
Mac ControlをCommandにする

多くの人がそれぞれパーソナライズされた検索結果を見ていると考えられます。
そうなりますと、どれくらいの人が本当の順位を見ているのでしょうか?

実際のところ、狙うキーワードで順位を意識していればいいという時代はかなり前に終わっているといわれています。

なので、キーワードは幅広く狙って、キーワードを盛り込んだ積み重ねの記事、とどのつまりコンテンツ作成が大切です。

検索結果が急に下がっちゃった時のチェック・調べ方

2018-11-13

クライアントさまのサイトが急激に検索結果が下落し、以下調べたときのものを記載。
ちなみに、クライアントさまの場合は①のグーグルからペナルティをもらっていたのが原因でした。
クライアントさまのサーバーが、ハッキングされていて勝手に怪しいフォルダが作成されていたんですね~汗汗
それらを削除して、グーグルに申請し直しましたら、元に戻りました!

ちなみにちなみに、グーグルからペナルティをもらってるかどうかについては
Google Search Console」に登録しておけば、わかります!・・・がわからない場合は以下を参考に。

考えられる原因①

ペナルティー
【ペナルティチェック】http://minnano-seo.com/essence/post90/
【ペナルティ診断と対処】http://minnano-seo.com/essence/post130/
【セーフブラウジングの確認】https://www.google.com/transparencyreport/safebrowsing/diagnostic/index.html#url=[調べたいサイトURL]

考えられる原因②

Googleのアルゴリズム(検索順位を決めるルール、のようなもの)のアップデート

考えられる原因③

【参考サイト】http://at-mag.co.jp/blog/?p=206

【引用です】
原因はタイトルの記述方法ということが明確に判明したわけです。

【変更前】 なんちゃらかんちゃらのうんちゃらほんちゃら|アットマガジンズ有限会社
  ↓
【変更後】 なんちゃらかんちゃらのうんちゃらほんちゃら|@MAG

そう、これだけだったのですが落ちました。ちょっと格好つけようと思ったんですよ。
アットマークは半角英数でした。

記号類を加えると落ちるのかな?と思いましたが、
同じアットマークでも全角のものは落ちるどころか1位に居たりします。推測ですが、タイトルへの記述に「半角記号」というのはあまり相性が良くないんだと思います。

HTMLを組んでる方なら経験があると思いますが、半角の&(アンドマーク)などは気をつけないと、
ソース上ではプログラムの一部と混同されてしまうときがあります。これと似た現象なのかも知れません。
タイトルには全角文字のみだけを使った方が、より正確にインデックスには認識されるみたいです。

考えられる原因④

【参考サイト】http://www.sem-r.com/sem/google/20030908000859.html

【引用です】
クローラーやサーバーに起因するWebページの未収集

「Google からの削除」ではなく「未収集」とした点に注意してください。
特定のページが削除できなかったのではなく、
ある時点で Google がインデックスできなかった為に消えてしまった、ということです。このような現象が起こるのは次の理由です。

(i) クローラーが訪れた時にサーバーがダウンしていた為にWebページ収集ができなかった
(ii) クローラーが訪れてリクエストを出したがサーバーの反応が遅くタイムアウトした
(iii) クローラー自体に起因する何らの問題で、特定のページ収集が行われなかった
(iv) インデックス情報構築時の何らかの問題で収集されたはずのページ情報が処理されなかった
(v) ページが既に消滅していた
(vi) ある一時点でのクロールにおいて特定のリンクが認識されなかった為にページ収集が行われなかった
(vii) ページ上のコンテンツまたはそのページへのリンク情報が大幅に更新されたことにより削除された

つまり、Webサイト管理者には何の責任もない、様々な要因によって引き起こされた結果だということです。
Google がサイト登録に関するページで述べている通り、Google クローラーは毎回のクロール時に必ずある特定のページをインデックスに登録することを保証しているわけではありません。
(i) や (ii) にあげたように、たまたまクローラーが訪れた時にネットワークやホスティングに起因する問題でWebページを収集することができない場合があるわけです。
また、あなた自身のWebページを収集したとしても、あなたのページに対してリンクを張っているWebページを収集しなければ、あなたのページに対する評価も変わりますので場合によっては (vii) の理由によりページが消えてしまう場合もあります。
さらに Google のクローラーは30億という膨大な量のWebページデータベースを構築しようとしているのですから、そのプロセスにおける様々な理由によりたまたまあなたのページがインデックスされないこともあるわけです。

あらゆるSEOを行っていても、検索順位を100%コントロールすることは不可能なのが悲しいところ。
それでも今まで上位表示していたものが、急に下落してしまった場合などは、何か原因があるはず?なので、対策を施したいところです。

最後に

グーグルに再審査リクエスト参考サイト

その他

・スパムリンクでライバルサイトの順位を落とすことは可能か

デスクトップの検索結果のみ自動ペナルティー?

2018-11-12

自分のサイトの1つが、ある日突然!
特定のキーワードで1ページ目から消えました。

1ページ目、2ページ目、3ページ目、、、探しても探しても見当たらない。。。。

スマホやipadではいつものように上位表示されている。
・・・な なぜ????∑(_□_;)ii

冷や汗がでる。。

放置していたら、スマホとipadの上位表示からも消えてしまうのだろうか・・・・?

グーグルの検索結果は、原因がみあたらなければ
数日後に戻ることもあるのだけれど、
怖くて、ま、待てない。。。

ということで、「検索結果が急に下がっちゃった時のチェック・調べ方」を再度見直し、チェックチェック。

グーグルウェブマスターにも登録しているのだけれど
そこにはペナルティーメールは何も届いてなかったので、自動ペナルティー?
・・・となると、やっかい。。。

モバイルフレンドリーをチェックしたり、セーフブラウジングを確認したり
タイトルを変更してみたり、、、思い当たること全部しつくしました。

・・・・結果。

3日後に、いつもの上位表示に戻りました!!!!
☆・゚:*(人´ω`*)ぅ。れ。し。ぃ。。

もしかしたら、何もしなくても元にもどったのかもしれないけれど
デスクトップの検索結果のみ、トップページがインデックスされてなかったので
たぶん、やっぱり自動ペナルティーを受けてたのだと思う;

PAGE TOP