ノーコードのお話。

2022-11-27

最近、nocodeの話がよくでる。
nocodeとは、コーディングできなくても作れるホームページのシステムのこと。

■メリットとしては

・コーディングできなくてもHPが作れる
・安価にて提供できる

■デメリットとしては

・コードを書かなくてよい分、余計なコードが多いから検索にひっかかりにくい(SEOに弱い)
・いろいろな不可システムをつけられない。お客様のご要望にこたえられない部分多し。(機能性のあるHPは作れない)
・使用しているノーコードツールがサービス終了したら終わり

今日、とある方々とそのような話をして
今後 ホームページ制作は2極化していくだろうと。

1つは、ノーコードのみの作成で、安価な提供(安価な収入) になるか
もう1つは、コードを書いてプログラムを書いての作成で、高価な提供にはなるが、機能性のあるものを提供するか

この2つが大きく開いて2極化していくだろうと。

あなたはどちらを目指しますか?

数字に例えると、
ノーコードで8万円で納品し、5こ制作で40万円。
コードで機能性のあるHPを作成して、1つで40万円。

どちらに労力をさきましょう。
どちらが間違っているとか、いい、とか悪いとかいう話ではないです。

方向性の話です。 (´・∀・`)

どちらで作成するにしましても
私的には基本(Webマーケティング的な考え、コンサル的な考え、SEOなど)の知識がないと
ただ、作成するだけでは効力はないと思うのです。

コメント





内容