業務外の「お願いごと(ボランティア)」。どこまで引き受けられる?

2013-09-01

世の中 義理・人情が大事。

とは聞くけれど、

人によっては、一度 お願いごとを引き受けてしまうと
終わることなく、、お願いされるドツボにはいる。。ことがある。(あった。)

↑だんだん要求がエスカレートしてきたので、お手伝いをお断りしたら、
「乗りかかった船ですから、最後まで手伝ってくださいよ」
と 論外なメールが返ってきた∑( ̄ロ ̄|||)

この”お願い事”だが

特に 仕事上の関係で頼まれると ム、難しい。。
お世話になっている方々からの「お願いごと(ボランティア)」をどこまで引き受けるのか?
じゃなくて どこまで引き受けられるのか!?

社会労務士さんは 法律に則って 的確にアドバイスしてくれるのだけれど
人間と人間の間柄、こんなにあっさりさっぱり ビジネスとして割り切っていいのか!?と
肩の荷が下りた感と罪悪感が交互に入り混じる。

しかし、手伝ってばかりだと、仕事もあるわけだから
必ず自分がつ・ぶ・れ・る・・・

それからは、なるべくビジネスはビジネスと割り切って
サービスお手伝いは2回くらいまで、と決めて 今に至ります。

どちらかが無理をした関係は 続きません。
友達も。ビジネスも。

なので 気持ちよくお仕事させていただくためにも
なるべく我慢せず、言葉を選んで伝えるようにしています。

大切なのは、コミュニケーションをとることです。

PS・・・え?それでうまくいかなかったら?って
その場合は それで致し方なかったとあきらめます。また新たな出会いが待っています*

コメント





内容