出版の世界。

2023-07-03

人生も半分ほど生きると
周囲に本を出した人も駆け出しの人から著名な方までちらほら。

最近、縁あって出版に関するセミナーに参加したのだけれど
出版の大変さ、というか、
売れるための努力というか、
著者さまご自身も、書くこと以外に大変な苦労をされているのだという裏事情を初めて知りました。

とはいえ、例え売れなくてもビジネスに繋がるらしく、
確かに、本を出版したというだけで
なんだかすごい人、の位置付けになるような気が。

その理由はセミナーで語られましたが
やはり紙媒体の力は今もまだ顕在だということらしい。

むか〜しむかしの話だけれど
スマホもなく、現在の3分の1の費用でホームページを作っていたころ、

多数出版され、憧れていた方からのご依頼に、嬉しかったのは束の間で、
費用以上のご希望に、どう対応したら良いのか悩み、、
納品後は納品後で、それとなくエラーの対応について尋ねられたりなど、、
(普通は皆さま「エラー対応費用のお見積もりをください。」とメールくださるので)
そうではない問いに、どう答えたら良いものか、、悩んだことが。

悩んでいる私にパートナーが放った一言。
「何冊も本を出しているからと言って、その人の人間性がいいとは限らないんだよ。」

(゚Д゚(゚Д゚ノ(゚Д゚ノ)ノ!!!

(裏事情を知った)今、思えば、色々と大変だったのかもしれません。。

久々のセミナー参加。
たまには、違う世界をのぞいてみるのもいいかも。
いつもと違う気づきがあるから(*´˘`*)

コメント





内容