人材育成を年齢(生命経験年数)に例えてみる。

2024-01-06

わたしはホームページ制作をはじめてから20年。
なので、制作年齢、20歳。

一方、今教えている受講生たちは学びはじめたばかりなので
まだ生まれたばかり。

例えば、仕事として昨年就職したばかりの人は
8ヶ月だから、ハイハイしている頃かな。

生まれた子どもが
ひととおり、歩けるようになって、おしゃべりできて、食べれるようになるまでに、だいたい年。

そう考えると、わたしは20歳だから、出来てあたりまえ。

ハイハイしている赤ちゃんは、全然焦る必要もないし、
出来なくてあたりまえ。
そこを採用した企業がどのように育てていくのか、が大事。

ハイハイしている赤ちゃんに、全力疾走を求めても、それはムリ。
仮に伝え歩きしてても、走ろうとしてこけて、泣いちゃって、コースからはずれるかもしれない。

人を育てるって難しい。
苗だって、水と光を与えて、時間をかけてゆっくりゆっくり伸びていく。
人間も同じ。
急かせずゆっくり育てていってほしいな。

なんてことを、卒業していく受講生を想いながら
考えるこの頃でした。

PAGE TOP