お仕事の心得

制作費交渉

2014-02-12

制作費交渉はちゃんとしましょう!

打ち合わせの際に
「これくらいですと おいくらになりますか?」
と聞いてきてくださるクライアントさまはとてもとーーーーーっても良心的な方です。

クライアントさまが 知人の方や友人だったりした場合、
稀に、「○○してほしいんだけど」
と 仕事抜きでのような感じでもっていこうとされる方もいらっしゃいます。

その際は
「それは お仕事としてですか?」
と尋ねるようにしています。

フリーランスは お金の交渉がきちんとできないと
ボランテイア作業ばかりが増え、体調を壊します。
すんじゃないですよ。すんですよ (-_-;))

自分の体の健康は自分で守りましょうね*

加世田のマックで打ち合わせ中↓
鹿児島Webデザイナー

フリーランスは体力勝負!・・・といいますか健康第一

2014-02-03

お蔭さまでの毎日です。

2足ワラジ、3足ワラジで クリエイター業を続けていた時期もありましたが
現在はフリーランス1本で、ご縁もあちこちでつながり、思いがけないところからご依頼をいただいたりで
感謝感謝の毎日です。

ですが、仕事の量に相反して、体力を失いつつあります。
年齢も関係あるのかもしれませんが、30代は12時間ぶっ通しでのパソコンの作業もどうもなかったのに、
40代をすぎたあたりから、クラクラ・ふわふわめまいが・・・・

なのに、眼科でも耳鼻科でも異常なしと判断。
だからお薬がでないのです(|||_|||)

ただただ、作業中に「休養」をとることを どの病院でも言われました。

そこで!仕事の合間と 寝るまえに本を購入して、首まわりのマッサージ!
お蔭さまで、クラクラ ふわふわめまいがだいぶ改善されました

ちなみに40分のBGMをかけながら仕事して、BGMが終わったところでマッサージ。
他にも 簡単な筋トレなどしています。

この首まわりのマッサージ、おすすめです!

耳鼻科でも眼科でも異常のなかった方は、ぜひお試しあれ!

言いたいことは言う!伝えたいことは伝える!

2013-12-13

仕事の打ち合わせなどにおいて
私、かなりストレートに意見を述べます。

いい顔して、ニコニコして 反対意見でもただただ頷くなんてことはしません。

お気を悪くされる方も中にはいらっしゃるかもと思うのですが、
無理しすぎて救急車で運ばれたこともある身としまして、
自分にできる事、やりたいことのみをお受けするようにしています。

40歳をすぎたら、自分をさらけだして、
それでもOKをだしてくださる方々に(こんな私でごめんなさい)と感謝しながら 
過ごしている毎日です。

——————————————–
自由に楽しそうに話す小田さんや
正直に意見を述べて下さる姿がとても素敵でした。
——————————————–
というメールや
——————————————–
思ったことをストレートに話して頂けることに感謝すら感じております。
——————————————–
をいただき、恐縮然りなのですが、心から感謝しております。

そして、どなたさまとも気持ちよくお仕事させていただいています。

若いころ?は、言いたいことも我慢して、
結果、周囲には顔色を伺わなければならない人ばかりを集めていた自分ですが
現在は、のびのびと、自分らしくいられて仕事も楽しく
これこそが、本来 すべての人がそうあるべき構図なのだと思う次第です。

何かの本で読んだことがあるのですが
自分のことをさらけだしている相手ほど(恋人とか?)
自分を愛してくれますよね。

自分を隠して接している人とは、なんとなく表面だけのおつきあいなので
相手のことも 嫌いでもないがたいして好きでもないといった具合でしょうか。

昨日、とある方に
「私って○○なことを言うから、嫌われちゃったのかもね」
と言いましたら
「何言ってるの?そのアホすぎるところが、愛すべくアホなんだ」
と言われました。

嫌われることもあるけれど、愛してもらえることもある。

だから、これから先も、ストレートな自分でありたいと思う”アホ”な私です。

業務外の「お願いごと(ボランティア)」。どこまで引き受けられる?

2013-09-01

世の中 義理・人情が大事。

とは聞くけれど、

人によっては、一度 お願いごとを引き受けてしまうと
終わることなく、、お願いされるドツボにはいる。。ことがある。(あった。)

↑だんだん要求がエスカレートしてきたので、お手伝いをお断りしたら、
「乗りかかった船ですから、最後まで手伝ってくださいよ」
と 論外なメールが返ってきた∑( ̄ロ ̄|||)

この”お願い事”だが

特に 仕事上の関係で頼まれると ム、難しい。。
お世話になっている方々からの「お願いごと(ボランティア)」をどこまで引き受けるのか?
じゃなくて どこまで引き受けられるのか!?

社会労務士さんは 法律に則って 的確にアドバイスしてくれるのだけれど
人間と人間の間柄、こんなにあっさりさっぱり ビジネスとして割り切っていいのか!?と
肩の荷が下りた感と罪悪感が交互に入り混じる。

しかし、手伝ってばかりだと、仕事もあるわけだから
必ず自分がつ・ぶ・れ・る・・・

それからは、なるべくビジネスはビジネスと割り切って
サービスお手伝いは2回くらいまで、と決めて 今に至ります。

どちらかが無理をした関係は 続きません。
友達も。ビジネスも。

なので 気持ちよくお仕事させていただくためにも
なるべく我慢せず、言葉を選んで伝えるようにしています。

大切なのは、コミュニケーションをとることです。

PS・・・え?それでうまくいかなかったら?って
その場合は それで致し方なかったとあきらめます。また新たな出会いが待っています*

« Older Entries Newer Entries »

PAGE TOP